FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

「有酸素運動はやらなくていい」は本当か?

f:id:cuptan:20211127101206p:plain

はじめに

今や趣味の一つ、日課ともなった筋トレですが、日々「他にもっと効率の良い方法は無いだろうか」と色々と試行錯誤しています。今はプロ達の教えも気軽に動画で見られるのですが、全員では無いものの多くの方が減量やダイエットについて言及する時「有酸素運動」については少し歯切れが悪くなると言いますか、何なら「やらなくてもいい」という人もいます。

身近な有酸素といえばジョギング等ですが、毎日走ったりは日々のスケジュールの都合上大変でしょうし、何より精神的に辛いということもある。これを本当に「やらなくていい」のであればだいぶダイエットのハードルが下がりますが、個人的にはこれは陥りやすい「罠」だと思っています。

というのも

彼らの言っていることは間違いでは無いと思います。ただそれは「彼ら」の場合の話。過酷なウェイトトレーニングに加え食事制限をしており、増量期、減量期問わず基本的に食事には気をつけているからこそ、有酸素運動は必要無いのです。

自分のように体型維持が目的といった比較的強度の軽いトレーニングを日々行っている場合、有酸素運動を外してしまうと確実に太ります。

自分は都会から田舎へ引っ越してきた身ですが、都会にいる時は基本どこへ行くにも歩きだったので、日常的にある程度有酸素運動は確保できていました。越してきてからは基本車移動、加えてデスクワークですので意識しないと動くことが無いんですよね。

もし自分と同じような状態であれば、悪いことは言いません。日々のトレーニングメニューに絶対有酸素運動は入れてくださいね。

彼らのように筋肥大と共に理想の身体を目指すのであれば、やはりジムにいってマシーンのお世話になるのが一番です。彼らと同じようにすることによって初めて、「有酸素運動は必要ない」領域に行くことが出来ます。