FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

好んで女性向けスキンケア製品を使う男性に気を付けて欲しいこと

f:id:cuptan:20210323171301p:plain

増えてる?

スキンケアといえば女性、という時代ではもう無いのかもしれませんし、であれば「女性向け」「男性向け」という区分けは失礼にあたるかもしれませんね。まあこれを書いている段階では許して頂けると嬉しいです。

スキンケアに興味を持ち調べていくと必ずという程「男性向けは刺激が強いものが多いのでオススメできない」「使うなら肌に優しい女性向け」といった記事や動画を未だに見かけます。自分が真面目にスキンケアを始めたのは10年程前ですが、その頃から何も変わってないな…と少しガッカリします。

まるで男性向けは「悪」のような印象を受けることもあるかと思いますが、これを鵜呑みにしてとにかく女性向けを買い漁るのは辞めましょう。大事なのは「自分に合ったものを選ぶ」ことなので、女性向けのみと選択肢を一気に狭めてしまうのは非常に勿体ないです。

自分を知ろう

肌質は人それぞれなので、自分の肌を知りましょう。専門的な分析をして貰うのが一番ですが、まずはざっくりと自己分析でも構いません。肌がカサつくとか、肌が脂っぽいとか、まずはそこから見ていきましょう。肌のトラブルに遭っている場合は自分の顔を見るのも辛いという方もいるでしょうが、スキンケアは今ではなく未来の為のものなので、未来の自分の「今」の為に頑張りましょう

なぜ乾燥するのか、なぜ脂っぽいのか、なぜ毛穴が目立つのか、自分の生活を見直すとぼんやりと原因がわかるかと思います。お菓子いっぱい食べてるとか、夜ふかしが凄いとか、化粧品での外部からのケアと同時に生活の改善という内部からのスキンケアも行いましょう。

また、肌に対して過敏になる必要はありません。絶対触っちゃいけないとか刺激は悪とか、過度に自分に縛りを課すことで今度は「ストレス」によって新たな肌トラブルを引きをこす恐れがあります。

フェイスペーパーで肌をこするなんてダメ!なんて言う人もいますが、肌のベタつきを我慢してストレスを溜めるのであれば、清涼感のあるペーパーでしっかり拭いちゃった方が間違いなく良いはずです。

ケア内容に関しても必ずしも化粧水に美容液に乳液とセットのように使う必要は無いです。必要な時に必要なものを極力シンプルに必要な分だけ。でないとかえって肌に悪いので、誰が何と言おうと自分は化粧水だけの方が調子が良いと思うなら、それが一番なんです。