FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

「ダイイングライト2」の正直な感想

f:id:cuptan:20220127202237p:plain

はじめに

先日発売となった「ダイイングライト2」をクリアし、ある程度探索や収集要素も終えたので、正直に感想を書いていこうと思う。結論から言ってしまうと「面白くないわけでは無いが、想像の域を出ない作品」という感じだった。恐らく貴方がPVを見て「こんなゲームだろう」と感じたそのままの作品だ。

もし今手持ち無沙汰で何もやることが無いなら迷わず購入すべきだが、まだポケモンレジェンズをやっていたり、ホライゾンやエルデンリング待ちであるならば、一通り感想やプレイ動画を眺めて考えてみると良いかもしれない。

いわゆる

「ありがちなオープンワールド洋ゲー」という感じ。ゲーム難易度はそれほど高くなく、ゾンビ相手に近接武器で無双するというスーパーヒューマンぶりは前作と同じ。この為ホラー要素は非常に薄いので怖いのが苦手という方でも大丈夫。恐らくプレイ開始から数時間後には悠々と手斧を振り回しているに違いない。

本シリーズの目玉であるパルクールは更に進化し、ストレス無く街を駆けることが出来るが、今作は一定時間外に出るとゾンビ化してしまうという制約があり、常に画面上部のゲージに気を配りながら戦闘及び探索を進めなくてはならない。

一見緊張感が生まれる良いシステムだと思ったが、やり始めてみると単純にプレイ感を阻害するストレス要素の面が強いことがわかる。ゾンビ相手に武器をブンブンと振り回すゲームなんだから、制約などなく好きなだけ大暴れさせた方が楽しいに決まっている。ゲームの中くらい門限は無くして欲しい。勿論緩和する方法があるので後半はあまり気にならないが、じゃあ最初から無くてもいいじゃんと思うくらい。

また、ストーリーについても自分の選択肢が物語に大きく影響しているようには思えなかったのも残念。終わり方は複数あるが、どれも主人公は蚊帳の外感が強く、プレイヤー以外のキャラクター性の方が立っている為、主人公の物語というよりは彼らの物語感が強い。

結局のところ人間同士のイザコザでゾンビはその味付け程度の存在というありがちな物語でなく、とんでもない大型化け物ゾンビ相手にナタ一本で立ち向かうようなボス戦がもっと欲しかった。

ただ、最初に言ったように面白くないわけでは無く、何も考えず純粋に心ゆくまで崩壊した世界でゾンビを屠りたいのであればオススメだ。多少クセのある戦闘システムだが、没頭できる魅力はあると思うので是非。