ゲーマー投資家の独り言

ゲーマー投資(投機)家の独り言

「お金から開放される」とはどういう感覚か

f:id:cuptan:20191202091731p:plain

この記事を前澤社長が見ることがあったら、是非自分にSNSの投稿の校正を任せて欲しい。そんな事を思う人も少なからず居たんじゃ無いかと思わせる呟きが投稿され話題になっていますね。YOUTUBEに1000億円を記帳てみた動画を投稿し、その動画に批判的に反応している人々に宛てた「お金から開放されたらいいのに」という呟き。どういった意図があってのことかはわかりませんが、まあこれじゃあ支持は集められないだろうなと。

お金から開放、自分も常々そう思っていますし進路に悩む人にアドバイスする際には必ずこの話をしますが、お金から真に開放されたという感覚を理解するには幾つか条件をクリアしないとダメだと自分は感じているので、大衆には理解も支持も難しい話です。

その条件も大枠はあれど個々に違いますしね。普通に仕事して開放されている人もいれば、幾ら稼いでも開放されたと感じない人もいます。手っ取り早く辿り着くには大金を手にすることだと思いますが、これは誰しも出来ることじゃ無いですしね。そりゃ普通じゃ無理ですよ。宝くじが当たるみたいなイレギュラーなことが起こらない限りね。

変なセミナーみたいなことを言う気は無いので深くは語りませんが、お金から開放される為に必要なのは、心に余裕を持つことです。寛大になれということでは無く、感情のオンオフをハッキリさせ、必要以上に心を動かさずいつも一定の余裕、容量を持つことです。その余裕が自分に様々な恩恵をもたらしてくれるのは、以前もこのブログで語っていたかと思いますが、富というのはこの余裕の副次効果でしか無いのです。

まあ、前澤社長の言う開放が自分が思うものとは違うかもしれませんが、彼の呟きに肯定的であれ否定的であれ、反応しているだけでは非常に勿体ないので、自分なりの何かを見出して欲しいなと思っています。あと社長、恐らく大衆を使って実験しているだけだと思いますが、もし仮に支持を集めたいのであれば、自分で自分を語らず、他人に自分を語らせたら良いかと思いますよ。何だそれと思うかもしれませんが、そういうのが好きなんですよ皆。