FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

「しっかり栄養も取らねば」という思いでご飯を食べなくなったら痩せた

f:id:cuptan:20190122201549p:plain

二十代半ば辺りから代謝が落ち始めたのをひしひしと感じ
例に漏れず体型維持の為に運動をしているわけですが
自分なりの方法を確立させるのに一番苦労したのが「食事」でした。

運動で消費できるカロリーなんてたかが知れているので
どうしても食事は制限しなければならないのですが、「もう何も食べない!」
といった極端なのは結構簡単で、痩せますが栄養不足で身体はボロボロに。

当たり前ですが結局食べないといけないので、いかにカロリーを抑え
栄養も摂取しなければという考えにたどり着くのですが
本来楽しいはずの食事にややこしいルールを設けたことによって
「生きるため」感が強くなってしまい、結局余計に食べたり
栄養が無いという理由で食べたいものを食べなかったりして
ストレスになってしまいました。

勿論何から何まで完璧にコントロールした方が良いのですが
自分には合わなかったので、食事の量は抑えるのは当然ですが
「栄養」のことはとりあえず考えず、砂糖の塊だと言われようとも
食べたいと脳が思ったら食べるようにしたら、ストレスが無くなって
キッチリとやっていた頃より痩せていく速度が速まりました。

自分に甘くするのはダメですが
必要以上に厳しく縛るのも悪いのかも知れません。