FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

【2022/01/19】本日の東京株式市場メモ【ソニーショック】

f:id:cuptan:20220119150402p:plain

本日指数3分足

f:id:cuptan:20220119150413p:plain

相場所感

[買い][7203]トヨタ

予想通り日経平均が28000円を割ってきましたね。米国株も下げ幅を縮小して取引を終えるという翌日強いパターンで終わってはいないので、今日も下落もしくは弱い反発になると思って見ていたほうが良さそうですね。相場全体に関しての言及はこれくらいにしておいて、今日は何と言ってもゲーム株が動いていました。

[6758][-12.79%]ソニー
[7974][-0.22%]任天堂
[9684][+3.72%]スクエニ
[9697][+4.57%]カプコン
[3635][+0.73%]コーエーテクモ
[7832][+0.32%]バンダイナムコ

マイクロソフトがアクティビジョン・ブリザードを買収との報道により各国のゲーム関連株が動いています。一番影響を受けているのがソニー。これはアクティビジョン・ブリザードが出すゲームが今後プレイステーションでは出ないのではという懸念からですね。

じゃあ任天堂も大幅に下げるのではという気もしますが、そもそも任天堂のハードにはアクティビジョン・ブリザードのソフト供給量が少ないですし、任天堂を越える時価総額でお買い上げしたということは、もしかして任天堂も買収されるのではという思惑も出ている気がします。ただまあ、それはあり得ないでしょうね。確か以前キッパリ断ってますし。

その他の代表的なゲーム会社は株価が上昇してますが(結局地合いに引きずられて下落したりしてますけどね)、こちらも業界再編の思惑でしょうね。コーエーテクモがイマイチ動いていないのは、以前マイクロソフトが買収するのではという真偽不明の記事が出ていたので、今回買収とならなかったことを一旦は悲観しているんでしょう。

というわけで今日はこんなところで。
それでは次回の相場でも貴方に良いことがありますように。