FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

短期間で成果を出すダイエットがリバウンドしやすい理由を考える

f:id:cuptan:20200523183131p:plain

実際に引き締まった身体作りを経験してみて

スポーツをしていたこともあって元々そこまで太ってはいなかったのですが、年と共に代謝も落ちデスクワークの為体を殆ど動かさず、移動は車となっているのでやはり体重は年々増加傾向にありました。

これはいかんぞと昨年より意識的に運動を行い、リングフィットにどハマりしたこともあって筋トレと食事管理にも気を付けたことで無事シックスパックと出会うことが出来ました。それと共に長期間のスパンでトレーニングを行ったことで色々と気づくことがありました。

短期間で得られるもの得られないもの

世の中には非常に短期間でダイエットや引き締まった身体を作ることが可能な方法があり、それを提供するサービスがありますが、その方法は何故かリバウンドする方が非常に多いです。その理由に関して科学的に説明するのはここでは省きますが、個人的には「精神的な面」が非常に影響しているんじゃないかなと思います。

短期間でも長期間でもしっかりと身体が作れて結果を出せていれば成功と言えるかと思うので、短期間が絶対に悪い!とは言いませんが、短期間での身体作りは「ゴールが近すぎる」ことが問題じゃないかなと自分は思います。

身体作りにゴールは無いということ

体重を何キロ落とす!とか明確なゴールの設定をするのはモチベーションの維持の為には一定の効果があるかと思いますが。それを達成した後はどうしますか?達成してもそこで辞めてしまえば体重は徐々に戻っていきますし、折角付けた筋肉も分解されていってしまいます。そうなんですよね。身体作りってゴールは無いのです。

マッスルメモリーなんて言葉もあるように、辞めてしまっても完全に0に無駄になってしまうということは無いですが、スタイルを維持するならば努力は継続しなければなりません。果てしないですね。それでは何故第一線で活躍する人達はそのモチベーションを維持できているのかと言うと、歩みは遅くとも一歩一歩着実に努力を積み重ね、身体と同時に精神面も鍛え上げているからだと思われます。

身体作りは短距離走では無くマラソン

短期間で成果を得ようとしてしまうと、この身体と同時に精神面も鍛えるということが難しく身体を鍛える方に偏りがちです。精神面という大事な土台が出来上がる前に成果を得られてしまうので、ゴールに到達後のモチベーションの維持や新たな目標設定が難しく、結果リバウンドに繋がってしまうのではないでしょうか。

確かに継続は辛いでしょうし別に休んだって構いません。ただ継続すれば確実に成果は出ますし、頑張ったら絶対結果がでる体験というのは何事にも代えがたい幸福感が得られます。積み重ねた成果は身体に目に見えて現れますし、それは自信に繋がりモチベーションも自然に上がり、気付いた時には辛さやサボり癖といったものは無くなっているはずです。牛歩でも構わないので、長期的な目線で継続することを心がけてみて下さい。