FIRE暮らしの独り言

ゲーム好き資産4億円超え若輩投資,投機家のメモ帳

「株価が安い」という理由で買ってしまうと失敗する理由

f:id:cuptan:20200330085446p:plain

証券口座を開設する人が急増しているようで。理由は株価が急落しているということで「千載一遇チャンス」だと思っているからだと思います。

確かに安いし売られすぎだとは思いますが、今現在の地合いで「安い高い」を決めるのは時期尚早ですし、安いからと言って手を出した人は恐らく大半が失敗します。

そもそも安い=買いなのでしょうか?例えばスーパーに並ぶ野菜が普段300円のところ今なら100円!となっていれば価格だけ見れば間違いなくお得ですが、何故安くなったのか疑問に思いませんか?

株価も同じで、価格が上下するにはそれなりの理由があります。その理由をしっかりと調べ理解しない内から触ってしまうことは危険です。価格と価値は違うので、しっかりと価値のあるものを買いましょう。安いから買いなのではなく、価値のあるものが安いから買いなんです。

この価値について理解できていれば、どこまで安くても高くても買うという判断が出来るようになり、後から見れば絶好のチャンスだったのに大半の人が二の足を踏んでいた場面でも利益を上げることが出来るようになります。

ただ、今現在の状況は何が起こってもおかしくないですし、普通は…だとかセオリーだとかはあまり通用しませんのでそこはご注意を。