ゲーマー投資家の独り言

ゲーマー投資(投機)家の独り言

DIVISION 感想

ディビジョン

ディビジョン

50時間ほどプレイしてある程度装備も整ってきたので
レビューというか個人的な感想を。

面白かった点

  • 細部まで拘ったグラフィックとマンハッタンの空気感
  • シューターが苦手な方へもオススメできる操作感
  • ダークゾーン内でのシームレスな出会いとミッションのマッチング

ここはちょっと…な点

  • 退屈に感じる戦闘、代わり映えのないサイドミッションたち
  • キャラクタービルドの幅が狭い
  • 敵の攻撃力と防御力、プレイヤーの防御力のバランス

色んなゲームの色んな要素を詰め込んだら、思いの外良い感じのゲームが出来たよ。
Borderlands(ボーダーランズ)【PS4】Destinyの中間みたいなのを想像して頂ければいいと思います。

グラフィックは本当に素晴らしく、建物以外の車等のオブジェクトも非常に作りこんであるので、没入感が凄いです。また朝と夜や天候等の要素もある為、あたかもそこにいるような空気感を味わうことができます。

やりたいけどFPSとかTPSみたいにシューター系のゲームは敵撃つの下手でなあ…と思っている方にも安心です。このゲームはとにかく装備が命!なので大丈夫。勿論シューターが上手ければ多少差は出てきますが、プレイヤー同士対戦がメインのゲームではないので、装備を揃えてしまえばしっかりチームにも貢献できますしサクサク敵を倒せます。協力してミッションをやってもリザルト(どれだけ敵を倒したとか貢献したとか)は出ないので、気楽に協力プレイができます。だからと言って勿論寄生やサボったりするのは厳禁ですよ。とりあえずベストを尽くせばいいんです。

ダークゾーン以外の場所ではマッチングをしないと協力プレイができないのですが、かなりスムーズですし現状は人も多いのですぐに一緒にプレイできます。

ダークゾーンと呼ばれる無法地帯では多数のプレイヤーとマッチング無しのシームレスで出会うことができます。出会って共闘して仲良くなったらその場でチームを組むこともできますし、チームを組まずに大人数でエリアを駆け巡ることもできます。ただこのダークゾーンではプレイヤー同士で戦うことができるので、突然の裏切りやチームを組んだプレイヤーキラー達に出くわすこともあります。他のプレイヤーと敵対する「ローグ」になるには他のプレイヤーを何発か撃つ必要があるのですが、うっかり誤射してしまってローグ化…なんてことが結構あります。すぐさま誤射ですすみませんとアピールすれば殆どのプレイヤーはわかってくれます。それだけ誤射でローグ化する人が多いんです。正直ここはオプションでフレンドリーファイアのON/OFFとか、何か救済措置が欲しかった所ですね。

個人的には良いゲームだと思うのですが、ここはちょっとと思う点もいくつか。

戦闘が退屈に感じるようになってきます。いやまあこれはもうしょうがないのですが、他のゲームに比べても飽きる速度が速い気がします。
何でかっていうと敵が代わり映えしないんですよね。ボーダーランズやデスティニーのように人型から巨大な化け物までバリエーションはありません。基本的に相手は人間です。
乗り物は一度だけ相手にしますが、他では出てきません。戦車等は出ないです。また敵の配置等もあまりパターンが無いのでまーたコイツかあとたまに嫌になります。

ゲームの開始時にキャラクターを作るのですが、あまりバリエーションはありません。ゲーム内で手に入る服装で個性を出しましょう。
また、キャラクタービルドですが、他のゲームのようにまず「職業」が無いため個性が出しにくいです。スキルの数も少なく、有用なものは限られている為、何かに特化したキャラクター等が作りにくいのでどの人も大体同じような装備や構成になってしまいます。個性が出せないわけじゃないのですが、後述の理由により横並びになってしまいます。

そう、敵の攻撃力と防御力がアホみたいに高いのです。
防御力の方はまあこちらが高い威力の武器を使って殲滅すればあある程度なんとかなるのですが、まあとにかく敵の攻撃力が高いこと高いこと。
ショットガンを持った敵が近づいてきたら死を覚悟しましょう。うっかり敵スナイパーの射線に入ってしまったら死を覚悟しましょう。バット持った敵、グレネードをマシンガンを…とどうやってもこちらを倒したい構成で、しかも多数で押しかけてきます。ぶっちゃけもうこうなると逃げるしかないのですが、執拗に追いかけてくるので狭い場所だと詰みます。後やたら回り込んできます。

じゃあ遠くからスナイパーでと思うのですが、ダークゾーン含め後半は殆ど高HPかつシールド持ちなので、1発撃ったとことでどうにもなりません。後発砲すると確実に居場所を気づかれます。
じゃあもうどうすんねんって話ですが、そりゃもう殺られる前に殺るしかないのです。ダメージ何か知ったことか、こちらもチームを組んで高威力かつ連射力の高い武器で挑むのが基本となってきます。
こちらの防御力なんてどれだけ上げても紙みたいなものなのでフハハ近距離ショットガンで無双だぜー!なんてまずムリです。

とまあ、面白い点が多くある一方で、何でここはこうじゃないの…と思う点もありました。
結局このゲームの目的は強い装備を手に入れるということなので、ハックアンドスラッシュというジャンルが好きであれば買いです。
フレンドと一緒にまったりとやりたいという方にもオススメです。
他のゲームの繋ぎに、というかたも是非どうぞ

強い武器手に入れて何するの?や、強い武器手に入れてもアップデートで修正されるんでしょ?
等少しでも疑問を感じたり、何か胸につっかえを感じる方は買うのをやめときましょう。