兼業投資家ゲーマーの独り言

兼業投資(投機)家ゲーマーの独り言

「バタフライ・ストレージ」読み終えました

f:id:cuptan:20180711204754p:plain

バタフライ・ストレージ(1)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

バタフライ・ストレージ(1)【電子限定特典ペーパー付き】 (RYU COMICS)

人は死ぬと、その「魂」が「蝶」の形になって身体から抜け出る。
蝶が飛び立ったあと肉体はすぐに朽ち果ててしまう。

蝶にはその人の人生がデータとして記録されている。
蝶は体内を出て49日を過ぎると消失する。

死人の蝶を回収・凍結管理する国家機関「死局」では、
故人のデータと遺族を3Dホログラムで繋いだり、
膨大な人間のデータを国有のビッグデータとして運用するなどしている。

死局に勤める小野百士は、14年前、飛行機事故で家族を失った。
双子の妹・千里だけは蝶を失ってもなお身体は朽ちず、
時をとめ、意識がないまま現在も病院で生きている。
百士が覚えているのは、事故当時、何者かが千里の蝶を奪い去ったこと。
千里の蝶の手がかりを探るため、百士は死局での道を選んだ。
果たして、千里の蝶の行方とは…。

それぞれの理由で死局に集まったチームを描く、
蝶をめぐる近未来SFアクション!

第1部・完(最終回)まで読み終えました

連載していたコミックリュウがWEBに完全移行とのことなのか
結構駆け足で最終回となってしまいました。
第1部・完とのことですが、第2部に関する情報が見つからなかったので
WEB版リュウが落ち着いたらやるのかもしれませんね。

内容に関しては、正直そこまでの面白さは無かったかと思います。
物語の核となる「蝶」に関しての設定が良いなと思い読み始めましたが、
その「蝶」や物語のあらゆる設定を持て余しているような印象を受けました。
読み終えた今では、「蝶」の設定を核とするにはいささか弱い素材だったかなと感じます。